先生の日記

やさしいピザ

涼しい日や日差しの強い日があり、気温差に体調を崩している子が増えています。

年長組でも、日々の運動会の練習が佳境を迎えています。

 

そんな中、先日お料理実習がありました。

今回は、まごわやさしいの“やさしい”を取り入れた『やさしいピザ』を作りました。

や・・・やさい

さ・・・さかな

し・・・しいたけ(きのこ類)

い・・・いも

これらの食材のうち、いくつかをナイフで切る作業からスタート。

 

次に生地をのばし、具材をのせます。

 

 

「お花のかたちにしようかな」「お顔にしたよ」「ぼくは全部のせちゃった!」と嬉しそうな声が聞こえ、それぞれの個性あふれるピザが出来上がりました。

 

 

給食時に焼きあがったピザを頬張る子どもたちは笑顔満開でした。

「おいしー!」「こんなピザはじめて食べた!」「おうちでも作りたい!」と喜びの声があがっていました。

お当番さんが園長先生にお届けをしたところ、とても喜んでくださって、子どもたちも少し照れながらも、誇らしげでした。

 

今日、レシピを持ち帰りましたので、ぜひご家庭でも作ってみてくださいね。

教えてくださった給食室の鮑子先生、新澤先生ありがとうございました。  (ゆり組 中嶋)

 

 

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら