先生の日記

おつきみ!

今日は中秋の名月です。

短時間保育の中で担任の先生からお話していただいたことをお友だち同士で話をしている姿も見られました。

そんな今日、子ども園のお給食はお月見つくねでした。いただきますの前に今日は何の日か知ってるかななと子どもたちに聞くと、声をそろえてお月見と答えてくれました。つくねの真ん中にウズラの卵が入っているのみて、これがお月さまなんだねと嬉しそうに話していました。

お写真をとろうと、子どもたちのお皿を覗き込むと月見つくねはあっという間になくなりお写真を撮る前に食べ終わっていました。まだ食べ終わっていないお友だちに写真を撮らせてもらうことが出来ました。
おかわりもいっぱいしてとても楽しい給食の時間を過ごすことが出来ました。

午後の時間にはティッシュと白い紙でお月見だんごを作りました。何個作るか迷いながらも大きさを自分で決めながら作ることが出来ていました。
 

他にも子ども園の中にお月見に関係するものがたくさんありました。
玄関にあった長時間保育の子どもたちと作った壁面製作、うさぎ組にも大きな壁面製作がありました。
うさぎさんのりかちゃんのところにすすきもありました。
  

少しお空は雲がかかっていますがきれいなお月様がみえるといいですね。

(長時間保育 磯部)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら