先生の日記

収穫感謝祭

今日の朝は雨がぱらつき、肌寒い一日となりましたが、

園では子どもたちの明るい笑顔や元気いっぱいの姿がたくさん見られ、なんだか暖かい気持ちになりました。

今日は、お家から持ってきていただいた食材を囲み、

「農家の方やお給食室の先生方、秋の実りに感謝の気持ちを持とう」と収穫感謝祭を行いました。

囲んだ食材の中には、昨日みんなが収穫した子ども園の畑の里芋も並んでいました。

たくさんの野菜や果物、「まごわやさしい」の食材にみんな興味津々。こんなに集まったんだねとびっくりしているお友達もいました。

「晴れの日も雨の日も、どんな日でも一生懸命育ててくださった農家の方、毎日おいしいお給食を作ってくださるお給食室の先生方、

そしてたくさんの栄養やお水、お日様をもらいおいしい野菜や果物ができたこと」

改めてすべてのことを思い出し、子ども達がありがとうと感謝の気持ちを持てるように司会の先生からお話がありました。

その後、みんなで「にんじんだいこんかぶら」のお歌を元気な声で歌いながら、他学年のお友達と一緒に踊りました。

お兄さんお姉さんに手をひかれるみんなは少し恥ずかしがりながらも、楽しそうに踊っていました。

小さい子の手を引くお兄さんお姉さんは、優しく手を引いて自信を持った表情で踊っていました。

集まった食材を年長組のみんなが給食室へと運んでくれました。

みんなが持ってきてくれた食材は、明日のデザートやお給食になりますので、楽しみにしていてください。

また、子ども達と一緒に食材をご用意してくださった保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。子ども達もとても喜んでおりました。

そして、お待ちかねのパンバイキングが、いよいよ明日となりました。

楽しみな気持ちと一緒に元気に登園してきてくださいね。

(長時間保育担任 丹野)

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら