先生の日記

保育参観

今日は、保育参観でした。

年少組は、前回行われた初めての保育参観が入園して2か月程たった頃でしたので、徐々に園生活に慣れながらも、いつもと違う雰囲気に緊張したり落ち着かない様子もありましたが、先生と一緒にお支度やお着替えも頑張りました。

今回は、毎日、先生やお友だちと一緒に過ごし、いろいろな経験をした子どもたちの成長が、また行事とは違った形で見られたかと思います。

お支度やお着替えは、流れを思い出したり先生の声を聞いて、自分で積極的に行っていましたね。制作活動では、折り紙で栗を作りましたが、「折るとき」と「お話を聞くとき」を意識しながら、みんなで一緒に作ることができました。また、お友だちとの関わりでは、自分の思いを「言葉で」伝えられるようになり、相手のお話を聞いて相手の気持ちを考えてみることも頑張っています。

日々の保育の中では、嬉しいこと、悔しいこと、頑張ること、いろいろなことがあると思いますが、たくさんの経験を通して、その子なりに成長しています。難しいことがあったときは、先生やお友だちにお手伝いしてもらいながら、少しずつ一緒に成長していければと思います。今日は、お家でゆっくり休んで、また月曜日に笑顔で子ども園に来てくださいね。

 

保護者のみなさま、本日はお越しいただき、ありがとうございました。

(こぐま組 石澤)

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら