先生の日記

青空の下で伝承あそび

今日も気持ちの良い冬晴れの一日となり、日中は太陽の光があたたかく感じられましたね。

急に予定が変更になったので、園内で伝承あそびを取り入れて遊びました。

昔から親しまれ伝えられてきた伝承あそび。

保護者の皆様には懐かしく思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今では触れる機会が少なくなってしまった伝承遊びですが、

今日は竹馬、こま、羽子板、福笑い、カルタ、けん玉、お手玉、水笛など

たくさんの遊びを体験しました。その面白さに子どもたちは、大盛り上がり。

「これはどうやって遊ぶのかな?」「次は一緒に福笑いやろうよ!!」

と友だち同士誘い合いながら、楽しみました。

お手玉   「みんなでせーの!!」

カルタ 「これお正月にやったことあるよ」

こま  「年長さんがやってるこまに挑戦!」

水笛   「この笛、初めて見た」「面白い音が鳴るよ」

福笑い  「変な顔になったー!!」

羽根つき   「一緒にやろうよ」

竹馬  「難しいな~」  「できたできた!」

伝承遊びが大好きになった年中組さん。

「このおもちゃどこで売ってるの?」「もっと遊びたい!」

ととても気に入ったようです。

これからもいろいろな経験をし、その面白さや楽しさを友だちと一緒に味わってほしいなと思います。

(りす組 安西)

 

 

 

 

 

 

 

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら