先生の日記

感謝の気持ちを込めて・・・

猛暑が続く、毎日ですね。

先日の宿泊保育では、暑い中ではありましたが「とても楽しかった」「花火が綺麗だったよ」

「虫が沢山いたんだよ」と楽しかった思い出を笑顔で話してくれました。

子ども達のきらきらした表情から、いかに充実した時間を過ごしたかということが伝わりました。

1学期ももうすぐ終わり、夏休みがやってきます。

4月から楽しく登園したお部屋や、玩具に感謝の気持ちを込めながら、大掃除を行いました。

「ぼくにまかせて!!!」と自信満々取り組む子どもたち。

「きれいになあれ」と心を込めて丁寧に拭き掃除をしたり、

保育者が言わなくとも隅々まで綺麗に掃除をしていました。

年長組では「自分の事は自分で行う」ことをねらいとし、1学期の保育を行ってきました。

「自分たちが使った部屋はきちんと片づけよう」「この玩具形が変わっているから拭くの難しいけど、頑張る」

等の発言が聞こえてきました。今回の大掃除では、1学期取り組んできたことが

子どもたちにきちんと伝わっている事が感じられ、嬉しい気持ちになりました。

また、人に対してだけでなく、身の回りの物にも「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉で表現する子どもたちの姿を見て、

素直でまっすぐに成長してくれていることを感じます。

これからも、自分の物は自分で管理すること、丁寧に扱うことの大切さを

伝えていきたいと思います。

 

( ゆり組 川崎 )