先生の日記

みんな一緒だと楽しいね!

冷たい雨が降り、昨日とは違って寒さの厳しい一日となりました。

そんな中でもこぐま組の子どもたちは元気いっぱい!

「寒かったけど、お気に入りのコートで暖かくしてきたよ」「雨だったからピンクの傘できたよ」と教えてくれました。

雨の日はお部屋での遊びが広がっています。

お仕度を終えると、今日はこれがしたい、こんな風に遊びたいと子ども達の中に具体的なイメージが膨らみ、遊びたいものに向かって一直線。12月になり、お友達との関係もさらに深まっており、どうしたら今の遊びがもっと楽しくなるか、案を出し合う姿も見られています。

お姫様が料理をしていたり、ブロックでお家や車を作ったり、先生が作ったスズランテープのボールを使ったゲームをしたり、

ブロックで見えないモンスターと戦う、こぐまレンジャーも登場しましたよ。

格好いい剣を組み立て「ヒーローになってお姫様たちを守るんだ!」と力強い声も聞こえてきました。

粘土が好き、お絵かきが好き、子どもたちは様々な遊びに取り組んでいますが、好きな遊びを通して自分を表現しています。

絵を一つ書くにも書き方や色遣いは一人ひとり違ってとても面白いです。

その後は発表会の練習を行いました。発表会まで今日を含めて残すところあと2日。

明日は練習をせずにみんなの力は発表会にとっておこうとお話をしました。

今日が最後の練習になることを伝えると、子どもたちは今まで以上に海賊になりきり、ダンスをしていました。

練習前も、その後も、歌を口ずさむ様子が見られ本番へ向けて気持ちが高まっていることを感じました。

ここまでたくさん頑張ってきましたね。みんなの笑顔、元気な歌声が保護者の皆様に届きますように。

本番の土曜日に温かく見守っていただけると幸いです。

明日も元気に子ども園に来てくださいね。

 

(こぐま組担任 丹野 )

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら