先生の日記

楽しい時間はあっという間だね!

冷たい風が吹き、寒い日が続いておりますが、年少組では先日心温まる楽しい時間がありました。

いつも新渡戸文化子ども園でお仕事をしてくださっている理事長先生・局長先生・平岩さんの3名の方が子ども園へ足を運んでくださり、会食をさせていただきました。

学園内でいつも優しく声を掛けてくださり、行事を見に来てくださるなど、いつも私たちのことを見守ってくれている方々と一緒に食事ができる貴重な機会ということで、

「どんなお話しようかな」「ドキドキしちゃう」と子どもたちは、楽しみに待ちながらも少し緊張した表情が見られました。

 

会食が始まると「こんなにたくさん食べられるんだよ」とピカピカのお皿を見せたり、「野菜だって食べられるんだよ」と自信を持って伝える子どもたち。たくさん褒めていただき、とても嬉しかったですね。

ひらがなが書けるようになったお話や、最近お出かけした場所についてのお話など。子どもたちは夢中でお話を聞いていただきました。

こうして、楽しい時間はあっという間に過ぎていき、お別れの時間が近付くことを伝えると、

名残惜しそうな子どもたちに理事長先生よりプレゼントをいただきました。

一人ひとり名前を呼んでプレゼントを渡してくださり、子どもたちは飛び跳ねて喜び、その日は自分のリュックに大切にしまってお家へ持って帰りました。

皆様、年少組の子どもたちのために、お忙しい中お時間を作っていただきまして誠にありがとうございました。

また、お会いできることを楽しみにしております。

 

(こぐま組担任  丹野)

 

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら