先生の日記

お友達大好き!

昨日の夜、都心でも雪が降るほど冷え込み、とても寒い日が続いています。

今日の朝、園庭の水たまりが凍っていて、そのかけらを子どもたちが見つけて喜ぶ姿があり、

寒い日も元気に楽しく遊ぶ子どもたちの笑顔から、なんだかほっと温かい気持ちになりました。

今日は長時間保育のグループで過ごす1日となりました。

トランプを出すと、年中組と年長組の2チームに分かれて神経衰弱のゲームをする姿がありました。

また、年少組のお友達や年中組のお友達がブロックを使い、協力し合って大きなお家や、線路を組み立てて遊ぶ姿もあり、

学年の壁を越えた交流が見られました。

年長組のお友達は、外に行った時に滑って転んだ下の学年のお友達に対し、「大丈夫?」と優しく声を掛け砂を払ってあげる姿や、

寒いから上着を着ようとする年少組のお友達の上着のジッパーをあげてあげる姿もあり、進んで手を差し伸べる優しい心に感動しました。

優しい心を持った年長組のお友達だからこそ、年少組・年中組のお友達も慕って一緒に遊んだり、憧れを抱くのではないかと感じました。

お外に出ると、お砂場で、寒い日には嬉しい温泉を掘っているお友達もいたり、大好きなキャラクターに変身しているお友達がいたり…とても楽しく過ごしていました。手洗い・うがいも欠かさずに、風邪予防もばっちりでしたね!

明日は、いよいよ作品展です。

今年度の「夢育」のテーマに沿って、各学年夢の世界のテーマを決めて、楽しみながら作品作りを行ってまいりました。

ぜひ、新渡戸文化子ども園の夢の世界を楽しんでいただければと思います。心よりお待ちしております。

 

(丹野)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら