先生の日記

伝承遊び

今日は新渡戸文化小学校2年生のクラスに遊びに行きました。

お兄さんお姉さんが6つの伝承遊び(コマ、福笑い、おはじき、輪投げ、カルタ、おてだま)を準備してくださり、それをグループで回って遊びました。

最初、クラスに入る際はとても緊張していた様子でした。クラスに入ると兄弟関係で知っているお兄さんお姉さんがいたこともあり、少し笑顔が見えてきました。お兄さんお姉さんがどうやって遊ぶのか説明をしたり、どうやって回せばよいのかなど一緒に手をそえて教えていただきました。

コマは年長組が使用するひもをまわして使うものでとても上手なお兄さんお姉さんのわざをみて、「すごい」と一言いう子もいました。

おはじきでは、難しいとかいてあっても「簡単だからおいで」と優しく声掛けをする姿も見られました。

お兄さんお姉さんは下の友だちには、とても優しい言葉かけ、言葉遣い、誘導などしていました。これから年長組に進級をする年中組。

子ども園で最高学年となるため、自分がどのような言葉かけをすれば、下の子が安心できるのだろうかということを今後は伝えていきたいと思います。

伝承遊びの最後にみんなで「ありがとうの花」を歌いました。この曲は以前にも音楽体験授業をしていただいた際に小学校の音楽の先生より教えていただいた曲です。一緒に歌うなどして、楽しい時間を過ごしました。

色々と準備をしてくださった小学校2年生のお兄さんお姉さん、担任の先生方、ありがとうございました。

これからもたくさん交流をして、楽しく過ごしたく思います。(りす組 髙橋)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら