先生の日記

3月生まれのお友達の誕生日会

今日は今年度最後の3月生まれのお友達の誕生会でした。

少し恥ずかしそうにしながらも、お名前を呼ばれたお友達は園長先生に冠をかぶせていただき、

「こんなに大きくなったんだよ」と自信を持ってみんなの前に立つ姿が印象的でした。

誕生日のインタビューでは、「大きくなったら弁護士になりたい」「夢はお医者さん」「デザイナー」「プリンセス」など

子どもたち一人ひとりがまっすぐ夢を見て答えていました。

ぱんだ組のお友達も恥ずかしそうに手で顔を隠しながらも、好きな動物は「ライオン」だと教えてくれました。

みんなの夢がかないますように、先生も応援しています。

3月の旬のお野菜も紹介があり、子どもたちは興味津々。

お楽しみは人形劇。のんびり屋のヘビ君と、何をするにも早いトカゲ君のお話。

得意なことも、性格も違うけれどとても仲良しな2人。楽しく遊んでいる中で、うまくいかずに喧嘩することもあるけれど、

友達は大切な存在だと感じるお話でした。あっという間に一年が経ち、進級・進学まであと少し。

大好きなお友達と過ごす時間を大切に過ごしていきましょうね。

お話の中でトカゲ君とヘビ君が挑戦していた、

早口言葉「へびさんにょろにょろ みにょろにょろ 合わせてにょろにょろ むにょろにょろ」

ぜひみんなも練習して先生たちに披露してくださいね。

明日は園長先生が作ってくださる、おいしいから揚げがでる特別な給食の日。子どもたちはみんなワクワク。とても楽しみですね。

明日も一日元気に頑張りましょうね。

(こぐま組担任 丹野)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら