先生の日記

サマースクール最終日

今日は、サマースクール最終日でした。

今日はお楽しみが2つあるのよとお話しすると、子ども達は目をキラキラさせて楽しみにしていました。

まず1つ目は、制作をしました。お部屋で風鈴作りをすることを聞くと、「風鈴って涼しい感じがするんだよね」「おうちにも飾ってるよ」と声があがってきました。模様を描いて、夏らしいシールを貼って、ひとりひとり一生懸命素敵な風鈴を完成させました。

そして、もうひとつのお楽しみは・・・・お庭で流しそうめんをしました!

初めて流しそうめんを経験する子も多く、みんなとても楽しみにしていて、実際にお庭で準備ができているところを見ると大喜びでした。

流しそうめんをするグループ、お部屋の中でおかずやデザートを食べるグループに分かれ、順番にみんなで流しそうめんを楽しむことができました。

「こんなにとれたよ!」「あー流れていっちゃった」等、いろいろな歓声があがり、終了後には、「あーお腹いっぱい!」「いっぱい食べたから夜ごはん食べられないよ~」と満面の笑顔を見ることができました。

子ども達の「楽しかった!」という言葉と笑顔でサマースクールを終えることができ、私自身も嬉しかったです。この夏の楽しい思い出のひとつとなってくれたのではないでしょうか。

次は納涼祭でまた元気なお顔を見せてくださいね。 (年中組長時間保育担任 中嶋)

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら