先生の日記

年長特別プログラム開催!!!!!

「暑いぞう!楽しいぞう!遊ぶぞう!」をテーマに年長組の特別プログラムが行われました!!!!!はっぴを着た先生の出迎えになにかいつもと違うと子ども達は興味深々のお顔でお部屋に入りました。

すると秘密のカードが渡され「何々?????????」と歓声が沸きあがり、うさぎのりかポンに「どこに地図があるの?」と聞いて地図をもらい「宝探し」にさあ出発!大歓声のまま地図をたよりに学園中を回りました。子ども園園庭からスタートし、小学校1年1組で机の裏からヒントを見つけました。そして、学園事務局では事務課の石井さんとのじゃんけんゲームでごほうびシールをいただきました。

さらに、学園図書室でヒントを見つけ森本先生に今日がどんなに特別な日かをお話していました。短大では、杉本主任がすぎっキーに変身をし、また短大の山路先生がなぞなぞテイガー君に変身をし、短大の普段入ったことのない保育実習室というお部屋で、楽しく遊びながらヒントを見つけました。最後は体育館でヒントを見つけ、宝物が子ども園の二階にあることが判明し、そこでも大歓声!宝物を見つけると大喜びでした。

次に水着に着替えると、(本当は養生期間で入ることのできない芝生でしたが、特別に許可を得て)芝生の上でプール遊びとスイカ割り!ここでも大歓声で、本当に楽しそうでした!芝生を年長さんだけで独占してのびのびと遊べた解放感は、特別なものとなり、心の中に思い出として残るでしょう。先生方も口をそろえて「園長先生!すごい楽しそうです!」「とても喜んでます!」と、子ども達も先生方も皆が心から楽しんでいる様子が感じられました。

普段と違うお部屋でお弁当を食べ、お昼寝をしました。園で寝るのが初めての子ども達もいて、わくわくしながらもお友達と寝静まりました。普段、長時間保育利用でお昼寝している子ども達も、いつもと違うお友達と一緒に寝ることができ大喜びでした。

おやつは、シューアイスとラムネを食べ夕方からの納涼祭へ向け準備万端です!(鈴木)

 

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら