先生の日記

縦割り保育も始まりました~長時間保育~

今日は1日中、雨と真冬のような寒さでした。子ども達は「お外、雨が降ってるね。遊べないね。」と残念そうに窓の外を眺めていました。

月曜日に新しいクラスが発表され、子ども達も新しいクラス、名札をとてもうれしそうに見ていました。

長時間保育も月曜日から縦割り保育が始まりました。新しいグループ、新しい友だちと一緒に過ごしています。年少組は初めての縦割り保育で緊張している様子が見られましたが、優しい年長組年中組のお兄さんお姉さんにお手伝いをしてもらいながら、楽しく過ごしています。ときには、さみしくなってしまい、泣いてしまうこともありますが、「大丈夫だよ」と年中組、年長組が声をかけている姿をみるととても嬉しく思います。

年長組のお友だちの中には、「今は泣かないけど、昔はこうやって泣いてたよね。」と泣いている年少組をみて、懐かしむように話しており、思わずくすっと笑ってしまいました。

年長組は同じグループの年少組のお手伝いをとても率先して行ってくれています。おかわりをしたいときは、何をおかわりしたいのかを聞き、食器を持ってきてくれます。また、午睡での着替え、トイレについていく、降園時の靴の履き替えなど他にもたくさんのことを先生と一緒に行ってくれます。まだまだ初めてのことばかりの年少組に子ども園のことをよく知っている年長組が教えてくれることはとても良いことだと思います。伝え方や見て覚えるなど子ども達なりに考えていけるよう、子ども達と一緒に行っていきたいと思います。お手伝いをしてくれて、本当にありがとうございます。

  

 

お迎えを待っているウェイティングルームに新しいテーブルがきました。そこで、お友だちと一緒に折り紙をして、待っています。みんなで大切に使いましょうね。

まだまだ始まったばかりですが、少しずつ子ども達も園生活に慣れてきています。子ども達がお迎えが来るまで楽しく過ごせるよう、保育内容を考えていきたいと思います。(長時間保育そらグループ 髙橋)

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら