先生の日記

新しいお仕事!

寒さが過ぎ去り、ようやく春らしくなってきましたね。子どもたちが進級し、一週間が経ちました。年長組では、新しく始まった活動があり、まず朝のお仕事から一日が始まります!

<園庭整備>

・砂場のシートを綺麗に畳む

・うんていや鉄棒、滑り台の拭き掃除

・アスレチックの掃き掃除

 

保育者の方で仕事の振り分けはせず、役割は子ども同士で決めています。

年長組さんにしかできない仕事にはりきっていますが、これまではお兄さんお姉さんがしてくれていたことに感謝の気持ちを持ち、また、自分たちよりも小さいお友だちが気持ちよく過ごすことが出来るよう、心をこめて取り組んでいます。

初めは「先生、私は何をしたら良いの?」と困って尋ねる姿も見られましたが、経験を重ね、希望をしていた仕事が出来なくても「また明日やろう」と気持ちを切り替えたり、次に何が出来るのかを考えるようになりました。同じ園庭に出ていても、遊んでいる時とお仕事をしている時の表情が違います。子どもたちが持ち始めている責任感を大切に、活動していきたいと思います。年長組さん、卒園までの一年間よろしくお願いいたします。頼りにしていますよ!

いよいよ、子どもたちは子ども園の中で最高学年です。子どもたちはどんな成長や表情を見せてくれるのでしょうか。楽しみです。

 

今日は、ゆり組のRくんのお祖母様がお花のプレゼントをしてくださいました。子どもたちは花の匂いをかいだり、お話をしたり大喜びでした。お心遣いありがとうございました。

(ばら組 西村)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら