先生の日記

夏祭り

昨日は、とても過ごしやすい天気の中、子ども園の夏祭りが行われました。

子どもたちは、素敵な浴衣や甚平を着て、いつもと違うお友だちや夏の飾りに目を輝かせていました。

「どれから遊ぶ?」とお家の方と話しながら、とても楽しそうにゲームコーナーを回っていましたね。素敵な景品をお友だちと見せ合ったり、大事に身に着けながら、笑顔で夏祭りを楽しんでいました。

ゲームコーナーは短大生のみなさんが、「どうしたら子どもたちが喜んでくれるかな」とたくさん考え、準備をしてくださいました。

短大生のみなさん、本当にありがとうございました。

また、夏祭りのお楽しみとして、今年はアフタースクールのお姉さん4名が合唱発表をしてくださいました。

やぐらの上で、たくさんの方に囲まれての発表に緊張している姿もありましたが、堂々とした発表と綺麗な歌声に、会場にいる皆が自然と笑顔になりました。感動して涙される方もおりましたよ。子どもたちが知っているお歌もあり、一緒に歌ったり手拍子をしながら、楽しんで参加していました。

素敵な合唱発表をしてくださり、ありがとうございました。

 

そして、子どもたちがたくさん練習しとても楽しみにしていた「盆踊り」。年少組さんは、少し緊張しながらも一生懸命にとても上手に踊ることができましたね。

年中組、年長組さんは、踊りが身についており、笑顔で堂々と踊っていました。小学生のお友だちも参加し、みんなの心と身体が1つの大きな円となった光景は、一体感と感動がありました。また、最後は保護者の方にもご参加いただき「東京五輪音頭」を踊りました。子どもたちと一緒に踊り、夏を感じられたのではないでしょうか。

ご参加いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

先月、行われた中野区私立幼稚園父母の会、親睦卓球大会では、ご参加くださった保護者様が健闘してくださいました。

そこで、昨年の卓球大会にて、とても暑い中「準優勝」となりましたお父様に表彰式を行い、園長先生が代表して賞状をお渡しいたしました。長年貢献していただき、ありがとうございました。

 

最後となりましたが、保護者の皆様、昨日はお休みのところ子ども園夏祭りにご参加いただき、誠にありがとうございました。

また、父の会のお父様方は、前日の準備・当日の片づけと、重い荷物運びや夏祭りの象徴でもある「やぐら」の設置、提灯の飾りつけ等、たくさんのお手伝いをしてくださいました。お父様方の熱いお力添えにより、夏祭りが無事行われ、何より子どもたちにとって笑顔で楽しい夏の1日になったことと思います。誠にありがとうございました。

 

今日は、お家でゆっくり休んでくださいね。また笑顔の子どもたちに会えることを楽しみにしております。

(長時間保育担任 石澤)

 

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら