先生の日記

折って、ひたして・・・

11月に入り寒くなると思いきや、11月とは思えないほどの暖かさでしたね。今日も朝から子ども達は、外遊びを楽しみにしていました。

皆が外遊びをしている間に、年少組はあるものを作っていました。それは・・・七五三の千歳飴作り。こぐま組では「私、お着物着たの!」「お写真撮ったの!」と、ちょうど七五三の話で盛り上がっていました。そこで子ども達に、「先生の七五三の時の写真だよ」と見せると、子ども達は大喜び!なぜか、「先生、変わらないね」と言われたり・・・。千歳飴の袋の見本を見るなり、すぐにやりたいとはりきっていました。外遊びの間に、和紙を3回折って、カップに入っている色水に和紙をひたして、和紙を開いて・・・とやったことがない活動に、子ども達はとても嬉しそうな顔をしていました。この和紙がどうなるかは、金曜日までのお楽しみにとっておきましょう。金曜日には、この袋の中に素敵な〇〇〇が・・・さて、なんでしょう?(こぐま組 山口)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら