先生の日記

クリスマス飾りのお手伝い (図書館に飾りに行きました)

先日ぱんだ組のお友だちは、短大の図書館に飾るクリスマスの飾りを作りました。

図書館の先生が用意して下さり、みんなで作った飾りは「クリスマスリース」と「雪だるま」です。

クリスマスリースは、みんなが大好きなシールをぺたぺたと貼って、

雪だるまのお洋服は好きな色の折り紙を選び、手で一生懸命ちぎってのりで貼って作りました。

 

「図書館に飾らせてもらいに行きますよ」とお話しすると、先日図書館に行ったことをしっかり覚えていて、

「静かにするんだよね」「ご本がたくさんあるお部屋だね。」「お兄さんやお姉さんがいるんだよね。」

と、子ども達はお散歩に出かける前から、とっても楽しみにしているようでした。

 

「こんにちは」とみんなでご挨拶をして、図書館の先生からお話を聞きます。

みんなの作った飾りを、図書館の先生が用意して下さった場所に一人ひとり自分の手で貼って行きます。

少し緊張した表情でしたが、自分で選んだ場所にぺタっと貼ると、どの子もとっても満足そうでした。

 

図書館の先生方にお礼を言い飾りつけの仕上げをお願いし、園に戻ると、

「クリスマスの飾り、私たちが作ったんだよね。」「お飾りできたら、見に行こうね!」と

自分たちの作ったものが飾られるのを、とっても楽しみにしている様子でした。

 

出来上がったら、お散歩の途中にみんなで一緒に飾りを見に、図書館にお邪魔しようと思っています。

 

(ぱんだ組 井上)