先生の日記

冬らしい1日

 

今日は朝から大変寒く、底冷えのする1日でしたね。

長時間保育の子ども達が給食を食べ終わった頃、ふと外を見ると、白いものがちらちらと舞っていました。「あ!雪だ!」と子ども達は大喜びでテラスへ出て、「やったー!!」ととびはねていました。

「雪で遊びたいな」「雪だるまつくれるかな?」とお友達と話し合いながら外を眺めていました。

その後、お昼寝から起きた年少組と年中組は、窓の外を見てがっかり。雪は雨にかわってしまっていました。

今日は残念でしたが、冬ならではの自然現象を経験することができました。子ども達の喜ぶ姿から、やはり雪を楽しみにしているのだということがよく分かりました。

これからますます寒さが増していく時期ですので、もしかすると、また雪を見ることができるかもしれないですね。

今夜はあたたかくして、また明日元気に子ども園に来てくださいね。 (長時間保育年中組担任 中嶋)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら