先生の日記

年長組さんと

今年度も残りわずかとなってまいりました。今日の年中組はもうすぐ卒園する年長組さんと交流会を行いました。あまり行く機会がない年長組のクラスに行けるということもあり子ども達も今日の交流会を楽しみにしていました。また、年長組さんには内緒でペン立てのプレゼントを作っていたのでそのプレゼントを渡すこともとても楽しみにしていました。

りす組はばら組のクラスに行きました。ばら組へ行くと、年長組さんが椅子を用意して待っていてくれました。年長組になるとどんなことをするのか、お当番の仕事はどんなことが増えるのか、色々なことを教えてくれ、年中組の子ども達は年中組と年長組との違いに興味を持ち話をよく聞いていました。また一緒に大好きなカレンダーマーチを歌い、楽しい時間を過ごしました。

その後は、一緒に遊んでくれたり、色々なことを教えてくれた年長組さんに感謝の気持ちを込めて歌と心を込めて作ったペン立てのプレゼントをしました。

りす組皆で心を込めて「年長組さんご卒園おめでとうございます。」と伝えると年長組さんもにっこりと笑って「ありがとうございます。」と答えてくれました。ばら組もりす組も嬉しそうな表情で交流会を過ごせました。

交流会の後は年長組の卒園式練習に参加しました。真剣な年長組さんの様子に年中組の子ども達も静かになり、年長組さんの様子を見ていました。

クラスに戻ってからは「年長組さんすごかったね。」「誰も喋っていなかったね。」と驚いていました。来年の今頃は皆も今日の年長組さんのように卒園式の日を迎えるということを伝えると、また「えー!!」と驚いていましたが、「僕たちも年長組になったらできる!」と期待を膨らませた表情で答えてくれました。

今日の年長組さんとの交流会を通し、改めて年長組になることへの期待や憧れを感じられたようでした。残りの数日を大切に過ごし、胸を張って年長組へ進級していってほしいと思います。

(りす組 中島)

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら