先生の日記

絵を描いたり、遊んだり・・・

日曜日には、子ども園の運動会がありました。今朝子ども達は、「お父さんが組体操すごかったねって言ってたよ!」「かけっこで最後まで頑張って偉かったね、ってお母さんに言われた!」など、嬉しい報告をしてくれました。

当日まで、子ども達はご家族に成長した姿を見せたいという一心で、練習に励んできました。特に年長組の子ども達は、組体操やリレーなどの活動が連日入っていても誰一人、嫌がることはなく、前向きに取り組むことが出来ました。当日の頑張りも素晴らしかったですが、そこに至るまでの準備期間で皆心が大きく成長したと感じています。

今日は、運動会までの間、なかなかたっぷりと遊ぶことができなかったので、久しぶりにたくさん遊びました。ドッジボールをして遊ぶ子、電車ごっこをして遊ぶ子など、自分の好きな遊びを存分に楽しみました。お庭で、年長組が縄跳びをする姿、虫さがしをする姿を見る年少組さん・年中組さんの目がキラキラと輝いているのを見て、運動会を通して、「お兄さん・お姉さんってすごい!あんな風になりたい!」という気持ちが大きく膨らんだのかなと思うと、なんだか嬉しくなりました。

クラスの時間には運動会の絵を描きました。当日のことを皆で思い出していると、「いろいろな国の旗がお空にあったよね!」や「パラバルーンの時、年中さんが中に入ったら、お尻だけ見えていてかわいかった」など、子どもならではの視点で振り返ることが出来ました。完成した絵には、万国旗や等級旗、白線が描かれていて、どれも個性豊かに仕上がりました。

久しぶりにゆっくりと過ごした一日。これまで頑張った分、今週はたくさん遊びましょうね!

(ゆり組 鴨志田)

         

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら