先生の日記

1枚の画用紙から

「先生におみやげ♪」としっかり握りしめられて届けられた『ふうせんかずら』

りす組の小さな花瓶に活けました。

何やら真剣にちょきちょき…

何ができるのかなぁ?「先生、ぷれぜんと♪」

 

蝶々の出来上がり!

給食の後、黄色の画用紙をさりげなく置いておくと、目をキラキラさせた子どもたちが早速工作を始めました。

 

 

かんむり

 

 

あれ?何にしたいのかな?

 

 

 

帰りの会「お待たせしました」とさっそうと登場しました。

 

1枚の紙から、いろいろな作品が生まれました。子どもたちの発想力は無限大。

雨が降って、お外で遊べなくてもなんでも楽しくしてしまう子どもたちです。

(りすぐみ:杉原)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら